症状に合った栄養が取れる

気付いたのは母親でしたが、何で気付かなかったかと思う程だったのでした。
そういえば、いつも忙しくしていて、散歩も任せっきり、食事も任せっきりだった。

犬の変化に早く気付いていればよかったのですが、始めたばかりの新しい仕事に夢中でした。
転職をしたばかりで、慣れるまで時間がかかるなぁと思ってそればかりが頭にあった。
家族ですら会話がなかったかもしれないくらいだったので、これじゃいけない。

そう気付いた頃には犬がいないので、さすがにいないことぐらいは気付いたので聞いてみました。
母親の話だと、このところ元気がなかったり、食欲不振だったからよく寝ているという。

休みの日に様子を見てみると、元気なく何だかうつろな感じに思えました。
病院に行った?と聞くと、診てもらったけどいまいちはっきりしないらしい。
適当なわけにはいかず、病気の症状にあったドッグフードじゃないといけません。

どこでならはっきり症状で病名が分かるかと思い、知り合いのつてを借りることにした。
確か知り合いに、獣医の資格を取って開業した人がいたと思ったからでした。

ところがまだ開業していないことが分かったので、他を探そうと今度は犬に大注目。

でも知り合いは、開業したての大きな病院なら紹介できるというので、聞いてみようと思ったのです。
設備が整っているところなので大丈夫というので、かかってみないといけないと思う。

それからハッキリしたら、犬用療養食を考えようと急ぎました。